収益を高めるポイント

今まで産業用太陽光発電は、発電電力の買取制度上の問題もあり、CSRを中心とした企業イメージの向上といった目的で導入されて「収益の最大化」という視点から関心を集めることはありませんでした。しかし、高単価での全量買取制度がスタートすることによって「安定的収益事業」として注目を集めることになりました。

5_05

高効率システムを「より安く」選定する ・・・イニシャルコストを安くする

多様な選択肢の中から選定を行っていく上で、導入実績が豊富で各社機器 に関して精通している

弊社のエキスパートからの情報を上手に活用してください。

モジュールの選定 パワコンの選定 架台の選定

確実な保守メンテナンスでロスをなくす ・・・ ランニングコスト5_08

一日あたりの発電量が多く高い電気代収入が見込める産業用システムでは、いかに発電ロスを減らし確実に売電につなげることができるかが重要なポイントになります。そのため、一般住宅用システムのようなメンテナンスフリーという発想を捨て、確実な発電監視・保守管理を行うことが重要になってきます。

発電データを通信によりモニタリングしながら異常を早期発見し、モジュール面の汚れ・損傷、配線断線など原因究明を行い、速やかに正常な発電体制に戻すことができるか否かが保守体制の重要ポイントとなり、機器の測定チェック・目視点検・洗浄作業などを適切なタイミングで行っていくためのノウハウも求められてきます。